カテゴリー
健康

帰宅する頃には足がだるくて重かったけど…

美容にもなるし、健康にも役立つのですが、ふくらはぎトレーニングをしています。

といっても筋力トレーニングなどではなくて、脚を肩幅くらいに開いてたって、足を上げたり下げたりするといった簡単なものなのですが、これをちゃんとやればふくらはぎが痛くなるくらい負荷がかかります。

若い時から、細い脚に憧れていて、調べてみた結果この運動に行きついたのですが、これをちゃんとやってみたら脚がキュッと引きしまり、疲れにくくなりました。

以前はどんなに軽くて歩きやすい靴を履いていても、帰宅する頃には足がだるくて重かったのですけど、このトレーニングを始めたらかなり良くなりました。

近頃ではテレビ番組を見るときや、本を読むときに、この動作を繰り返し行いふくらはぎを鍛えています。

このトレーニングは、毎日行っています。

数日、間が空いてしまうと、次にトレーニングしたときに足がパンパンに浮腫んだり、筋肉痛も起こしてしまう為、うっかり忘れないようにしています。

ほっそりとした足になりたい人は、即効性もあるので是非やってみて下さいね。

眠る時間が足らないと即座に顔面に現れます。

以前はどんだけ徹夜で遊ぼうとどうってこと無かったのですが、年を取ったからかこの頃ではあまり寝ていないと直ぐに表面化してしまいます。

いくら高い料金を支払って手入れをしていても、たった1度の寝不足でおじゃんになるのです。

寝不足になるとほっぺたがデコボコした感じになり、顎にはポツリと吹き出物が…。

仕方なく遅い時間に眠るときは、チョコラBBドリンクとか栄養補給剤を補給してから寝ると心なしかその効果があるように思います。

環境変化があったりすると便通がわるくなったりするので、水などをちゃんと飲むようにしています。

お野菜を食べる事も大切だけど、お水は本当に重要です。

アセが流れるのが不快で水分を控えていた時は、野菜を食べても薬を飲んでも運動しても、水分をちゃんと取るまで便通が良くならなかったので程よく水分をとることは非常に重要な事なんだと身にしみました。

それからダイエット中も要注意ですよ!油分摂取量が減るためか乾燥肌になりやすく、放置しておくとスキン自体の力で油を分泌するようになる。

カサカサなんだかベタベタなんだかという面倒くさい肌に・・・。

そんな訳で食事制限をしている折りにはドレッシングなどの油は通常時のように口にしています。

なにかが欠けると必ずカラダにでてきます。

ヒトの体ってすごいですね。

美容は3度のご飯が一番大切だと思っているので、私は食生活に気を配っています。

とはいってもそれほど難しいことではなく、バランスの良い食事をとること。

主に野菜が足りない場合が多いので、出来るだけたくさんの野菜を食事にとりいれています。

例えばレタスで言うとそのままだった場合どうしてもたくさんは食べられないのですが、火を通せばまるっと1個は食べられます。

その為、お鍋に入れたりスープに入れたり、野菜炒めにしたりと極力嵩張りを少なくしてたくさんの量を食べられるように工夫しています。

沢山お野菜を摂ると便秘も改善されますし、便通が良くなるとお肌の具合もよくなり嬉しい事ばかりです。

他にも、タンパク質をたくさんとるようにしています。

デブらないように気をつけているので、ささみなどのあぶらの少ないお肉にしています。

タンパク質が足りていないと髪がぱさついたりお肌にハリが無くなったりということを前に雑誌で見たので、兎に角タンパク質が不足しがちにならないようにしています。