カテゴリー
健康

極端に臭いを気にするような世の中になるのはイヤ

じぶんはわきがのニオイが苦手です。

石鹸で体を洗っても全然体臭が無くならないのが特徴だなと思いました。

同じ職場でも体臭がものすごい人が居て、しょっちゅうその男性の付近に行くのですがつらいです。

耐えられなくてゴホゴホと咳が出てしまいます。

本人も大変な体だとは思いますが、臭いものは仕方ないです。

ワキガの人は周りに気を遣ってはいるけれど、どうすることもできない臭いが本人も嫌なんだろうなと感じます。

本当にイヤなら手術を受けることを考えてみればと言いたいです。

現在は様々な手術の方法があるみたいですが、直に見てアポクリン線を取って貰う手術の方が再発が少ないみたいなので、是非とも受けてもらいたいのです。

自分も困っていてまわりにも迷惑をかけているのでしたら、その方が皆のためにも良いことのように思います。

近ごろは臭いに過敏な感じがあるので、本当に気を使わないと人間関係が崩れるようなことを言われて傷つく人も多いだろうなと考えられます。

極端に臭いを気にするような世の中になるのはイヤですね。

ある夏場の通勤電車で本当に耐えられずに途中の駅でおりて、隣の車両に移動したことがありました。

隣にたっていた男の人がたぶん腋臭の方だったのでしょう。

こんなに強烈なにおいは、はじめてでした。

車内はぎゅうぎゅう状態の通勤ラッシュのど真ん中の時間帯だったのですが、何気にその人の周りの人口密度が下がっていたようにすら思えました。

私が生きてきたなかで、「腋臭」の方は数名いたのですが、今まで遭遇したどの人よりも凄かったです。

外見はすごく清潔感のある服装や髪形をして、身だしなみに気をつかっていそうなタイプのサラリーマンだったのできっと、彼自身のわきが症の事を自身では把握していないだろうと言う事もまた衝撃的でした。

もしも、自分自身の家族達に彼くらいすごい臭いを漂わせている人がいたら、「臭いな」と思って注意出来るのか、それとももうマヒしてしまって身内だと分からないものなのかしらとかと考えはじめてしまいました。

わたくしは汗をかきやすい体質で、とくに脇や足の臭いが気になる箇所です。

暑い季節は当然のことですが、寒い季節も会社やカフェなどエアコンが入っていて暖かいとじっとりと汗をかくので、1年中自分の汗が臭ってないか、それと混んだバスで近くにいる人にクサいと思われていないかと不安でした。

冠婚葬祭でスーツを着用する際はいつも汗脇パッドを付けていましたし、ある時香水を付けることで体臭を紛らわそうと思ったこともあったのですが、香水と体のニオイがいっしょになって、自分でも吐き気のするニオイになってしまいました。

それがあって、香水とかのいい匂いがするものを付けることも諦めていました。

という訳でスプレータイプの吹き付けるデオドラントや、足に塗るタイプの汗や臭いを抑えるものを色々と試すデオドラント調査に熱中するようになりました。

じぶんの場合、いい匂いがついている制汗防臭スプレーは体臭をよけいに悪化させてしまったので、匂いがなく長時間持つ、自分に良いものを見つけるのに大変苦労しました。

しかし、近頃はその努力の甲斐があってか、自分の臭いを気にすることなく仕事上も私生活でも不安なく過ごせています。

外を歩いていると変な臭いがするなと思うと前を歩いている人がワキガでした。

腋臭持ちの人って自身がワキガ持ちだと認識しているのかしていないのか分からないですがわきがの人は割とつらい毎日を送ってきた方が多くいるのかななんて思いました。

制汗スプレーを使っても時間がたつと匂ってしまいほかの人よりはニオイがあるので結構きついのではないかなと思いました。

あたしもわきがなのですが私と同じ匂いの人もいますし、プラスチック臭の方もいるし、鼻を突きさすようなにおいが漂うので、まわりの人で気づいている人は結構多いのではいかなと思いました。

デオドラントや洗濯用柔軟剤はいろいろありますが何を使っても全然効果がないのが腋臭ではないでしょうか。

無臭になる事はごくまれで、絶対に制汗剤の臭いと腋臭臭が混ざり合うため、脇のニオイが出ないようにするのは非常に困難です。

ありのままに風呂で綺麗に洗っていれば良いのではないでしょうか。

わきがのことをいう人は必ずいるので相手にしないほうがいいのではないでしょうか。

 

健康には睡眠・食事・運動が大切

健康について気をつけていることは人それぞれだと思いますが、私は定番中の定番で睡眠・食事・運動という3つの柱に気をつけて実行しています。

まず、睡眠ですがやはりしっかりと時間をとるということです。

睡眠不足は翌日だけでなく蓄積していくように疲労がたまるので毎日しっかりとるようにしています。

そしてできるだけ同じ時間に寝て同じ時間に起きるようにしています。

寝貯めはよくないと聞くのであまりしないようにしています。

食事は食べ過ぎず、栄養バランスを考えて食べるようにしています。

特に野菜は毎食欠かせないように多めにとるように心がけています。

魚も意識して食卓にのるようにしています。

そして運動で健康を維持するようにウォーキングを毎日とりいれています。

ジョギングなど走るよりも体の負担もなく有酸素運動ができ、体力的な面でだけなくウォーキングによるセロトニンの効果で精神面でも健康にいいということでもあるので一石二鳥の方法だといえます。