カテゴリー
健康

普段から食事は薄味で食べている事

私は家族の中に高血圧になっている人がいる為、遺伝性も強い事から塩分には特に気お付けるようにしています。
ですので日頃から食事には気を遣い味付けの方も大分薄目にして食べています。最初の方では味が薄すぎて物足ない感じはありましたが、これもなれていく内に気にならなくなっていきました。

またそういった食べ方をしていると外食等をした際凄く味が濃く感じます。それだけ味を濃くするという事は体に良くないという事が良くわかります。それでもカロリーや塩分の低い物を選び頼むようにはしていますが、舌が慣れてしまっているんですかね、でも外食はそれで割り切るようにはしています。

日本食は健康に良いとされていますが、必ずと言ってよい程塩分が欠かさず入っています。それを少しでも抑える為には、普段の食事から塩分を抑えていく事が大事なのかなと思います。今は大丈夫でも後あとになって出てくる事もあるので、早目の対策をする事で予防につながってくれれば良いなと思っています。

カテゴリー
美容

美肌のためのケアでこころがけていること

美肌のためにはローションパックは欠かせません。

ローションパックをすると美容液の浸透がよくなるんですよね。

あとコットンよりも私はティッシュを使っちゃいます。

楽だし低コストだし、継続が大事だからです。

それから乳液は手で温めること。

こうすると成分がお肌に入りやすくなります。

丁寧に温めてゆっくりつけています。

肌の理論的なことも大切ですが、ノルマ的につけるよりも「綺麗になりますように」と思いながらつけるようにしています。

結構大事だと思います。

成分では最近セラミドやアルガンオイルを取り入れています。

年齢を重ねはじめてから、アルガンオイルは結構気に入ってます。

効果を感じるようになったというんでしょうか。

あとは朝に、果物をとること。

抗酸化力はエイジングケアに不可欠なので毎日とるようにしてます。

サラダもですね。

そして夜しっかり寝るために、瞑想やストレッチ、半身浴をするようにしてます。

BGMもリラックスできるものにして副交感神経が活発になるように心がけてます。

美肌は内側も外側からのケアも大切ですね。

 

毎日、アボガドと大根を!

美容のために気をつけていることは、毎日の食事です。

一時期、子育てが忙しく、野菜が全く摂れなく簡単な食事を早食いしていました。

そのような食生活が続き、肌がカサカサになり吹き出物が出て来ました。

また、便秘にも悩まされて、3日間便が出ないこともありました。

常に下腹部が張っていて痛みもありました。

食生活を改善しようと思い、毎日生の大根を半分、アボガドを1つ必ず食べるように心がけました。

大根は便秘にもよく美肌効果があり、アボガドも美肌効果があります。

なので、細く切り、オリーブオイルをかけてサラダで食べたり、大根おろしにして全ての料理にかけて食べています。

アボガドは、シンプルにお醤油で食べます。

大根とアボガドを毎日食べるようになり、吹き出物がなくなり、肌が潤いを取り戻しました。

化粧ノリもよくなり、肌がきれいと褒めらるようにもなりました。

また、悩まされていた便秘も改善され、必ず朝に便が出るようになりました。

特にダイエットはせずに、3ヶ月で3キロも痩せ、本当に食生活は大切だと感じました。

カテゴリー
健康

やっぱり「水分」は大事

私が「健康」と「美容」のために日々心がけていること… それはすばり「水分をいっぱい摂取する」ことです!

これは去年の夏の話なんですが、私はその時胃腸の調子がとても悪くて、そのせいなのかひどい肌荒れと便秘に悩まされておりました。

いわゆる“夏バテ”ってやつだろうな~と思いながらも、知り合いの整体の先生に相談してみたら、ズバリ言われた症状が「水分不足」なのでした。

まぁ夏だし、汗かくし「水分不足」になっても仕方ないですよね~と言いながら「一日にお水どれくらい飲まれてます?」という先生の問いに正直に答えたところ「その量は例え冬でも全然足りないですよ」と呆れた回答を頂いてしましました。

先生によると一日摂取するべき水分量はなんと“2.5リットル”なんだそうです。
 
そ、そんなに!?と当時の私はおどろきました。

さすがに一日でその量は意識して飲んでないと無理ですよね… 

先生いわく「水分不足」が引き起こす問題は肌荒れや便秘だけじゃなく、体が疲れやすくなったり攣りやすくなったり、病気のリスクも高くなるそうな。

あと、脂肪燃焼にも水分が必要だから、ダイエットで運動だけしてても水分が足りていなかったら効果はあまりなくなってしまうそうです。

「水分不足」って思ったより大変な問題だったのね…と反省しました。

今はその反省をふまえて毎日しっかり、意識的に水分をいっぱいとるようにしています!

…とはいえ一日に2リットル以上も水を飲むのって結構大変です。

糖分が入るとあまりよくないのでジュース類は避けて、となると無味無臭の液体を毎日2リットルって結構な忍耐を必要とします(笑)

私は水の入った水筒にちょっとのレモン汁や果物の煮汁を加えることでちょっとした味付けをしているんですが、もうちょっと工夫して美味しく飲みやすくしたいですね~。

そういうレシピ本も最近は出てるみたいなので、今度探してみようと思います。

カテゴリー
美容

理想の肌状態を目指すスキンケア

例えば会食やイベント夜遅くまで遊んだ次の日。
もしくは、残業続きで寝不足が続いている日々・・・。

そんな時は、全身がむくんだように感じたり、化粧ノリが今ひとつだったりと、体や肌に不調の兆しを感じることが多いのでは?
私たちは、遊びに仕事にと充実した生活を送っている反面、心身が本来持っている健康的な美しさを犠牲にしがちだともいえます。

不規則な生活を送っていたり、日常的に睡眠不足を抱えている人の肌は、慢性的な時差ぼけ状態にあるんです。
肌には本来、太陽が照り始めると外的刺激から自らを防御し、夜になると修復を始める、というリズムがあります。
ところが、時差ぼけ状態でリズムがうまく刻めないと、肌の機能にさまざまな悪影響が出て、見た目にも悪い状態の肌になってしまうのです。

実際に睡眠時間を削った肌の状態は水分量やバリア機能の低下が見られるのです。
そして、乾燥、くすみ、表面のゴワつき、ハリのなさなどさまざまな肌トラブルの引き金になります。
そこで、必要になってくるのが、肌の状態をリセットし、理想の肌状態を目指すスキンケアです。
参考:クリアエステヴェール 通販
URL:http://www.inthakitchen.com/

昔から肌が脂っぽく、ニキビが出来やすいのでさっぱり系の化粧品を使っています。
ところが、30歳を過ぎた辺りからニキビが出来る頻度は減りましたが、乾燥を感じるようのなってしまいました。
また、ニキビがなくなったことで一見肌がキレイに見えるようになったのですが、小鼻や頬の毛穴はなくならず、ノーメイクだと黒ずみまではいかなくても白いポツポツは目立ちます。

もともと肌は白いので、毛穴さえなければノーメイクで生活したいんですが、困ったものです。
乾燥肌ではないのでシワや大きなシミはほとんどなく、保湿さえしっかりすればキレイな肌になれるんだろうな。
安くて良いものを探そうと色々なメーカーの化粧品を試していますが、やっぱり高価なものには敵わないのが現実です。

今まででいちばん良かったのは、オルラーヌのソワンドブラン ラ ローションです。
フランスの老舗メーカーの化粧水ですが、made in japanで安心です。
薬用美白化粧水で、脂分が少ないのかな。私には合いますが高いのが悩みです。

最近お試しした中でもお得感があったのはクリアエステヴェールです。
軽い付け心地でカバー力もあるのでなかなか気に入っています。

私の肌の一番の悩みは、年々シミが増えてしまうことです。
もともと肌が白いので、日焼けはしないように気をつけています。

夏でも冬でも出かけるときは、日焼け止めを塗るようにしています。
さらに上にファンデーションも塗っています。
日差しが強かった日の後は、ビタミンをたっぷり取り、ビタミン成分が入ったフェイスパックをするようにしています。

それでも、毎年新しいシミを発見してしまいます。
特にできてしまうのは、目の下と鼻の上です。
最初はファンデーションで隠していましたが、隠しきれなくなってきました。
化粧品を買うときに肌のきれいな店員さんに、どうしているのか聞いたところ、コンシーラーでシミを一粒ずつ消しているそうです。

私も家でやってみましたが、シミが多いので、すごく大変でした。
毎日はとてもできません。
どうにかして、すでにできてしまったシミを薄くしたいし、新しいシミはできないようにしたいのですが、どうしたら良いのか分かりません。

カテゴリー
美容

シワを増やさないために気をつけていること

若い頃は全く気にしていなかったシワが、年齢を重ねる度にどんどん気になるようになって来ました。

私が特に気になっているのが、目元のシワです。そこにシワが一本あるかないかによって、顔全体の印象が大きく変わります。人は他人と接する時に必ず目を見るため、目元のシワは自分が老けてみえるかそうでないかを左右する重要な部分です。

最近では目元だけでなく、ほうれい線も気になって来ました。これ以上シワを増やしたくないので、私はいつも気をつけていることがあります。
それは果物は夜食べることは避け、朝に食べるようにするということです。

果物の糖分である果糖は、夜摂取すると血管の老化の原因となります。血管が老化すると皮膚にシワとなって表れるので、夜に果物を食べるとシワが増えるということになるのです。朝のフルーツは金という言葉もあるので、そういう意味でも出来るだけ朝に果物を食べるようにしています。

夕食後などに甘いものを食べたくなりますが、シワだけでなく肥満の原因にもなるのでグッと我慢しています。ちょっと辛い時もありますが、美容のためにも今後も気をつけて行こうと考えています。

カテゴリー
健康

肥満解消が健康へのスタート地点

社会人になってから15年以上も深夜残業や徹夜ばかりで、誰がどう見ても不規則・不健康な生活をしてきました。大食いに早食い、運動不足で健康のために何かするということは皆無でした。

しかし3年程前に肥満とストレスにより血圧が急上昇し動悸も激しくなり、病院へ駆け込むことになってしまったのです。
それ以来、年齢も上がってきたこともあり生活週間を見直す事を考えるようになりました。
やはり問題なのは「肥満」だということです。
肥満は脂肪だけの問題ではなく血液や血管にも大きな影響を与えるものですし、先ず最初にこの肥満を解消することこそ健康への第一歩だと考えました。

そのために行うことはふたつ。
ひとつは「食事」で、早食いはやめて食事量を適正に戻すことです。
炭水化物が好きなので食べ過ぎていた分をカット、野菜を多めに食べるようにしました。そして間食のお菓子も20%程まで減らしました。

そしてもうひとつは「運動」をすること。
やはり体を動かさなければ代謝が上がらないですし、何よりこれから更に年齢を重ねた時に動けなくなっては病気をしなくても健康とは言えません。
そのため軽めの筋トレとエアロバイクで1時間ほど体を動かすようにしました。

そのお陰で1年ほど続けた頃には体重が10kg以上減り、基準値よりも若干高めですが血圧も安定するようになってきました。
しかしちょっと油断をするとすぐにリバウンドしそうな感じなので、これからもできる限り続けて健康を維持していきたいところです。

カテゴリー
健康

適度な運動こそ健康の礎

私はどんなに忙しい1日でも、適度な運動をするように心がけています。
適度な運動といっても、大袈裟なことはしておらず、家から駅まで歩くことと、家で腕立て伏せと腹筋をしているだけです。
たったこれだけでも、するとしないでは大きく違います。

何が違ってくるかというと、睡眠の質です。
身体をあえて疲れさせることで、格段に眠りにつきやすくなるのです。
ぐっすり眠れるかどうかは、日中の作業効率に大きな差が出ます。

眠れていないと、1日中ぼーっとしながら仕事をするハメになり、ミスも出やすくなってしまいます。
なので私は、ぐっすり眠るために適度に運動しているといっても過言ではありません。
学生時代、運動部に所属していなかった私は、とにかく朝が弱かったのですが、これを習慣にしたことでスッキリ目覚めるようになりました。

また、睡眠以外にも、適度な運動をすることによって、メタボの防止にもつながります。
むしろ腹筋については、こちらの方が真の目的です。
同窓生の中には、ちらほら腹が出てきた人もいましたが、私にとっては今のところ無縁です。

カテゴリー
美容

無料でできる髪の美容

私は、髪の美容のために気を付けている事がひとつあります。

それは、タオルでゴシゴシとこすらない事です。
シャワーからあがったら、軽く水けを取り、荒いクシで髪を整えたら、その自然に垂れている髪の毛をタオルで挟むようにしてポンポンと軽く水分を染み込ませます。
これだけです。

このままだと少し水分が多いように感じると思います。
むしろ、ちょっと水気が多いです。
ですので、ドライヤーをかける時間も長くなります。

ですが、たったこれだけで髪の毛がしっとりとツヤツヤの仕上がりになります。
私は少しクセっ毛気味ですが、このように乾かすようになってからは、髪自体に水分が充実しているのか、雨の日も湿度が高い日も、何の問題なく過ごすことができるようになりました。
特別な何かを買わなくてはいけなわけでもないし、今日から実践できる事ですので、みんなにおススメしたいです。

美しい髪の毛は、やはり女性らしさにもつながると思います。
トリートメントしてるの?髪がキレイだねと言われると嬉しいです。

カテゴリー
健康

子供の頃の偏食が大人になってから影響する

食生活に関して身近で最も感じるのが、偏食する人の多さです。
嫌いな食材が何点かある程度なら良いですが、大半の野菜が食べれないとか、乳製品を一切食べれないなど、かなり偏りがある人も少なくありません。
たしかに嫌いなものを食べなくても、すぐに病気にはなりませんが、極端に好き嫌いが多い場合、体型や体質の変化、成人病など、次第に健康に影響が出てくるでしょう。

そしてこれは子供の頃の食生活がとても重要だったのではないかと思います。
親がきちんとした食事を与え、極力な好き嫌いをさせない、おやつをしっかり管理するといった環境が、大人になってからの健康につながっていきます。
偏食もなく何でもおいしく食べられることはとても幸せなことですし、親に感謝しなければならないでしょう。

また自分の子供にも、同じように環境を整えてあげることが大切なのではないでしょうか。
最近はアレルギーを持っている子供も多いので、今まで以上に管理が必要かもしれません。
まずは食生活の見直しから健康について考えて欲しいと思います。

カテゴリー
健康

健康と食事の関係は誰もが知っていること

健康な身体で生涯生きていきたいのなら、食事だけは絶対に馬鹿にしてはいけません。食事というものをバカにしていたら身体は健康になれないのです。

誰も食事を摂らずこの世で生きることなどできません。人間だけではありません。それはこの世の中で生きるすべての生き物にとって必要不可欠なことです。だから食事を絶対に馬鹿にしてはいけないのです。

「食事と健康の関係など今更誰かに教わらなくても、アドバイスなどもらわなくてもいい!」というくらいでなければなりません。もう十分わかり過ぎているくらいでなくてはおかしいのです。

特に「食べ過ぎは健康に悪い」ということは誰でもわかっています。食べなさすぎもよくないことですが、食べ過ぎるという行為はそれよりもはるかに身体の負担になるのです。身体にいいわけありません。どんなに栄養豊富なモノでも食べ過ぎては意味がないのです。たったこれだけのことでもわかっていれば身体に悪いことを一つ減らせます。