カテゴリー
日記

勝手に売却を見据えて購入に走ることは控えた方がいい

現住物件の売却と新居購入を同時に行って住み替えをしたいというのもありがちなケースです。

こうした場合の順序は、売却が先、購入が後というのが的確なリスク管理の判断でしょう。

売約が契約上は成立していると言ったところで、実際に支払いが行われるまでは安心するのは早いです。

お金が必要になった時に支払いができなくなる恐れもありますから、勝手に売却を見据えて購入に走ることは控えた方がいいでしょう。

「任意売却」とは、残っている住宅ローンが売買価格を上回ることが予想される不動産物件を売却する時に使用される呼び名で、略称は任売です。

任売をしたら、残りの住宅ローンが減って、無理をしなくても返すことが可能になるはずです。

でも、素人が簡単にできることではなく、専門知識と交渉の技術が必要になりますから、弁護士、または、司法書士などに依頼するのが一般的でしょう。

ネットの一括査定サービスは、不動産売却では非常に重宝します。

なぜなら、最初から一社だけの査定しかとらないと、あまり相場も理解できないままで廉価で物件を売却することになりかねないためです。

そんな時に一括査定サービスを駆使して異なる業者の査定額も天秤にかけながら、ここのサービス内容が一番いいと思えた業者に連絡してみるのがベストの方法でしょう。

家などの不動産を売りたい人は、その時に印鑑証明と実印を用意しておきましょう。

なぜかと言うと、所有権移転登記という手続きを法務局で行う時に必要なので、買う人は印鑑証明も実印もいらないのです。

でも、ローンで支払うなら違います。

この場合に限りローン会社では印鑑証明と実印がいるのです。

もし、連帯保証人を必要とするならその人にも印鑑証明と実印を用意してもらいましょう。

売りたい不動産物件を好印象に導くにはキレイで明るく広いと感じるようにしましょう。

部屋の中のライトは全て点けて、しっかり片付けて室内を広く見えるようにして、あまりやらないところまで丁寧に掃除しましょう。

特にオススメなのが、水回りの水滴が残らないように拭きあげることです。

モデルルームやホテルを目指すというのが理想です。

向こうは欠点をみつけようとしてくるというくらいの気持ちで売却物件のケアをしてください。

不動産を少しでも高い価格で売りたいという人は、始めにあちこちの不動産業者に査定してもらうことです。

それぞれの業者で査定額の差が大きいことも頻繁に見られます。

あわせて、おすすめなのが専任媒介契約です。

広告費が専任媒介より少なくなる一般媒介では、すぐには買い手がつきません。

さらに、専任媒介の場合では依頼主への定期報告をする義務が生じます。

もし不動産の売却を考慮しているなら、築年数の関係が気にかかりませんか。

事実、築年数次第で売却価格は変動します。

戸建てのケースなら、築10年が経っていれば概ね建物の査定価格はゼロになって、一般的に土地の価格だけになります。

同じように、マンションでも望ましいのは築年数が浅いものというのは共通なので、一戸建てと同じように、築10年がボーダーラインになっています。

早期に不動産物件を売ってしまいたいと考えている際に、確かな手段の一つが直接不動産会社に手放したい物件を買取してもらうことなのです。

売りに出す、買い手をみつける、交渉する、契約するといった手間と時間をかけずにすむので、短時間で売却手続きが完了します。

ただ、売却時の価格は通常の売買に比べたら安くつけられてしまうなどのデメリットが生じますから、どうしても早く物件を売って現金化したいと考えている方に向いた方法でしょう。

大抵の人は不動産物件を売り慣れていないものですから、売値を決める前に、ネットの一括査定を利用し、何軒かの不動産業者に物件の査定をしてもらうことが欠かせません。

複数の不動産会社の査定額を揃えれば、相場がどのくらいか知ることができますので、その相場に合わせて売値を決めましょう。

それに、仲介業者の中には、コンサルティングも業務内容に含まれるところがありますから、ひとまず、相談だけでも行ってみて、最大限に価値を引き出せたら、いくらの値がつきそうか、聞いてみるのも何かの参考になるでしょう。

不動産売却に際してかかる税金の中で特に留意してほしいのが譲渡所得税と住民税です。

物件売却で利益が出れば、これらは必ず納めなければなりません。

けれども、住んでいた物件の売却であれば、3000万円の特別控除が行われます。

それから、どれくらいの期間所有していたかで課税のされ方に違いがあるため、この点を調べてから売却に向かった方がいいでしょう。

カテゴリー
日記

何度も実写化されたコミックヒーローの決定版

男のなら子供の頃に一度は憧れたであろう、テレビの向こう側のヒーロー。

コミックヒーローの映画作品といえば現実離れした所に魅力があり、観ている者はその別世界に引き込まれる感覚がそういった作品の魅力の一つではないでしょうか?

しかし「ダークナイト」という作品は、いわゆる典型的なヒーローものとは一味違います。

ご存知ない方のために補足しますが、「ダークナイト」という作品はアメリカンコミックのバットマンの実写作品シリーズ第2弾です。

まだご覧になられていない方は1作目の「バットマンビギンズ」からご覧になることをオススメします。

(バットマン作品は他にも製作されており、それぞれシリーズ化されていますので間違いのないように。)

さて本題です。

では、本作品でクリストファー・ノーラン監督が描いたバットマンは他のアメコミと何が違うのか。

作中の舞台となっている「ゴッサムシティ」という街や、バットマンが使用する武器、移動時に活躍する「バットモービル」など、すべて架空のものなのですがあたかも実際に存在し現代の技術でもしかしたら作れそうかも?と思わせるものが登場します。

その「もしかしたら…」と思わせることで現実世界とコミックとの境界線が曖昧になり、その世界感へと没入させてくれているのかもしれません。

そこが他のコミックヒーローモノの作品との違いではないでしょうか。

映画と現実の境界線を感じて頂きたいと思います。

 

家族の大切さを教えてくれる映画

私がおすすめする映画はリメンバー・ミーです。

この映画はディズニーから出ている映画なのですが、いい意味で今までのディズニー作品にはない新しいジャンルを生み出したような作品になっています。

ディズニーというと、プリンセスがいて王子様が出てきてというような、どちらかというと子供向けや女の子向けの作品が多いイメージですが、この映画は子供が楽しめるのは勿論、ディズニー作品があまり好きではない大人でも十分楽しめるような作品になっています。

また映画はメキシコの死者の祭りという行事を舞台に展開されていきます。

なので、映画の中にはたくさんの骸骨が出てくるので、ディズニーらしくない、怖そうなイメージがあるのですが、そこは流石ディズニーです。

ディズニーらしい音楽と色使いで見ている人を楽しませてくれます。

そしてこの作品で一番注目してもらいたいのが、主人公ミゲルと家族の絆です。

この作品を見て家族の大切さを改めて感じることができました。

個人的にディズニーの作品は大好きなのでほぼ全ての作品を見てきたのですが、ディズニーの作品でここまで泣ける映画は初めてでした。

なので是非、今家族とうまくいっていなくて悩んでいる人や、逆に家族を大切に思っている人、家族と会えなくて寂しい思いをしている人など、たくさんの人にこの映画を見てもらいたいです。

この映画を見終わった後には、あなたの大切な家族に会いたくなること間違いなしです。

 

感動系かと思ったら意外と面白かった映画

私が観て良かったと感じた映画はキッドです。

ブルース・ウィリス氏主演の映画で、大人になった主人子が過去の自分と出会うというストーリーです。

私はあまり感動系は好みではなく、アクションやミステリー系にしか興味はありません。

キッドはたまたまテレビで放送していたのですが、特に観たいものもないし、一度くらい観てみるかと思ったのです。

しかしながら冒頭から物語に引き込まれてしまい、観終えた後はこんな面白い映画があったなんてと感激したものです。

なんといっても作品全体の雰囲気が良いです。

夢も希望もなくしたブルース氏演じる主人公が、夢と希望に満ち溢れていた子供時代の自分と出会い、お互い言い合いしながらも成長していく構図が溜まりません。

たぶんですが、ブルース氏だからこそ憎めない主人公になったのだと思います。

しかもただの感動系ではなく、ラストには驚きが待っています。

その驚きがあったからこそ、私は観て良かったと心底思ったのです。

 

観てよかったミステリー映画「祈りの幕が降りる時」

私が観てよかったと思った映画は、「祈りの幕が降りる時」です。

新参者シリーズの最新作ですが、濃密なミステリーでありながら、究極の愛に溢れたストーリーとなっていました。

ミスリードを上手く組み込んだ構成はミステリーとして完成度が高く、複雑に絡み合った謎は、しっかり観ていないと混乱してしまうくらいです。

その反面で、大切な人を守りたい、と思う登場人物の愛に溢れている内容となっていました。

その思いやりのある優しい行動が明らかになった時、ふと涙が伝っていることに気付くくらい、心に響くものがありました。

また、そんなストーリー構成を、松嶋菜々子さんや小日向文世さんといった、演技派の俳優陣が盛り上げていました。

登場人物の細やかな感情を表現していて、その演技力にも目を見張るものがあります。

観た後は大切な人に会いたくなるような、大人が泣いて楽しめるミステリーになっていました。

優しい気持ちを思い出すことができ、観て本当に良かったと思います。